中古車こだわりブログ

中古車の魅力

中古車価格の相場を考えてみよう。

“急に車が必要になった時、資金的に余裕がある場合には新車の購入を考えるのでしょうが、そうでない時には予算との兼ね合いもありますが中古車を選ぶ事も多いのではないでしょうか?新車は無理だと思っていた欲しい車が、2年から3年経過した車の場合には、新車価格の半額以下で販売されていたりするものです。

自分の愛車を下取りに出すことを考えてみてください。3年経過していたのだとすれば購入時の3分の1程度の下取り価格でしか下取りしないのではないでしょうか?5年経過していたら買い取り価格は“限りなくゼロ”だったりもします。しかも、下取り価格には値引きが含まれた価格である事を考えれば3年経過した中古車の価格が新車購入時の半額でも高い様に思うのは私だけではないと思います。

ただし、車種によって装備品などは最初からグレードによって多少の違いがあり、中古車購入時に付け替える事はまずしないでしょう。だから最初から装備されている事を前提に中古車を探す事が必要です。カーナビなどは後付でも低価格で高性能な物が出ているのも事実ですし、ダッシュボードの上にあってもさほど問題はないと思うのです。要はソフトが新しくなければナビとしては機能しないのですから。”

中古車選びもまた楽しからずや。

“車の購入を考えているのであれば、先ずは本やWebを活用して自分の希望する車、車種を探し出す事からはじめてみてはどうでしょうか?新車であればメーカーのカタログやWeb上からデーター確認をする事も可能です。その時間も又楽しい時間ではないでしょうか?高い買い物であるのだから、じっくり時間をかけて欲しい車を探す、その作業の中で欲しいと思っていた車のいろいろな情報が自分自身の中で整理することにより、欲しい車が違う車に替わる事もあるだろうし、逆になお一層所有したいと思う気持ちが増すかもしれないから。

さて欲しい車が決まったら、今度は価格の確認をする事になるでしょう。買うための資金調達をどの様に考えるますか。資金的に新車を購入出来ないのであれば中古車を購入する事も一つの方法ではあります。車種によっては、中古車でも新古車なる物もあり、それなりに低価格で購入する事が可能です。車両が登録されている事により税等は既に支払い済みの為であり、諸費用も少なくて済むのです。”

中古車も実に様々だから下調べが必要。

“車の購入を考えている場合には、新車を購入するか中古車を購入するかのどちらかでしょう。欲しい車種が決まっている場合には、購入資金に余裕がある場合には新車を購入すれば良い事ですが、そうでない場合には中古車を購入する事を選択しなければなりません。購入予算に合わせて年式・グレード・装備品などをある程度、事前に調べておく事が希望する車を入手する近道でもあります。

本屋に行けば中古車が掲載された週刊誌も多数あり、実際に写真や情報を元に自動車メーカー・車種・販売金額・販売地域から選ぶ事も可能です。更にネット上からWebを利用して希望するメーカー・車種・購入希望金額をエントリーする事により後日、メールに当該車両の情報を送ってもうら事が可能になります。

送られてきた中古車販売会社のホームページ情報にアクセスする事により車の情報を入手する事が可能です。その上で実際に当該車両の内容・現車を確認した上で最終的に購入を決定する事になるのですが、時と場合によっては購入を取りやめる事も選択肢の一つとなります。安い買い物ではないのだからそれなりに納得してから購入したいものですからね。”

予算が合えばお手頃価格で購入?

“車の購入を考えている場合、中古車を購入する方のメリットとしては、自分の欲しいと思う車をある程度安い金額で入手する事が可能であるという事がいえます。新車の場合には手の届かない高額な車であっても中古車の場合には年式や走行距離によっては購入価格が結構下がっている事もあるので。

今では、車種、年式や走行距離、車の色、装備品等をある程度の条件で絞り込みをかけた上で希望中古車を探す事がWebを活用して可能です。書店には中古車専門誌も数多く販売されているのでとても参考になります。

中古車の場合には、以前の所有者がどの様な走行をしていたのかは把握する事が出来ない事は致し方の無い事です。しかし、今では車の経歴書や事故暦等も確認出来る販売店もあるので、ある程度安心して中古車を購入する事は可能でしょう。

現車の内装・外装の状態や装備品を確認する事は最低限必要な事です。希望の中古車を目前にした場合でも、希望価格や状態の確認しだいによってはあきらめる事も必要な場合もあります。”

どこを見て中古車購入を決めていますか?

中古車を購入する時に、皆さんは車のどこに注目して購入を決めていますか?私は、走行距離と年式そして修復歴に注目して購入を決めています。

前の持ち主の方が、車を手放すまでどういう乗り方をしていたかで走行距離が大きく変わってくるので、前の持ち主の方の乗り方が分かるようなら教えてもらう場合もあります。

年式は、もの凄く気にしているという訳ではないですが同じ車種・似たような走行距離の車が見つかった場合に年式の新しい中古車を選ぶための目安として注目するようにしているぐらいです。

そして最後に修復歴を聞きます。私も経験があるのですが、免許取りたての時に誤ってビールのケースにぶつかってしまい車に傷を付けてしまいました。サビたら困るので修理に出したのですが、傷を直してもらっただけでも車に「修復歴」のレッテルが貼られてしまいます。

大小関係なく修復歴車となる事を体験したので、購入しようとしている中古車に修復歴がある場合でも修復の度合いによって購入意思に変化が出るので聞くようにしています。

中古車購入

中古の軽トラを急遽購入

旦那が仕事で使っていた軽トラックが故障してしまい修理に出したのですが、予想以上に高い修理代に驚きました!修理代を払うのと中古の軽トラックを買うのとどちらが安いのかが気になったので、中古車屋さんに見に行ってみると中古で購入する方が修理してもらうよりも数万も安かったです!

修理に出した軽トラックの状態が思っていたよりも酷かったので、修理代が高くなってしまったという事もありますが、場合によっても修理してもらうよりも中古で購入した方が安く済む事もあるのだという事を知りました。

修理が必要な車でもいくらかでは売れるので、売った料金を差し引いた金額で買えるというのも中古車購入の方が安く済んだ理由のようです。家電などで修理に出した場合「新しい物を買った方が安いですよ」と言われた事はありましたが、まさか大きな買い物の車でも同じような状況になる場合があるのだという事を知る事が出来ました。

さすがに、修理代を払うのと新車を買うのとでは修理代を払った方が安い場合がほとんどでしょうが、中古車だからこそ修理代と中古購入代の値段が逆転する事があるのですね!

軽トラック

こだわれる中古車探し

中古車は、限られた車しかないからこだわりを持つことは難しいと思っていませんか?私は、初めて中古車を購入するとなった時にあまり選ぶ幅は無いのだろうなと思っていました。

新車でしか車を購入した事のない方にとっては、中古の車を購入するというのは未知の世界ですから、いったいどんな車が売りに出されているのかが分かりませんし限られた車しか買う事が出来ないという発想をしてしまってもおかしくはないと思います。

私自身、中古車を扱っているお店に置いてある車しか購入する事が出来ないと思っていたので、店頭に並んでいる車を見て「欲しい車が無いな…」と近所周りのお店を見て回ったりしていました。勇気を出して中古を扱っているお店の方に直接聞いてみれば良かったのでしょうが、積極的ではない私の性格ではお店に飛び込んでいくという行動は出来ませんでした。

ふとしたきっかけで、店頭に置いてある車以外も買う事が出来る事を知った時は中古だから選び幅が無いという考えは間違いなのだと気付く事が出来ましたし、こだわりを持って車を買う事も出来るのだと嬉しかったです。

中古車